超越的視点で綴るキャンパスライフ日記

日本の大学生活を経験しにきた宇宙人という設定

なんか最近懐疑的な性格を拗らせてる気がする。果たして本当にそうなのか。

 

タイトルにある通りである。最近色々なものが信じられなくなっている。ニュースに対しても「その報道は偏ってるんじゃないか」とか「報道すべきはそこじゃないやろ」みたいなツッコミばかりしている。

 

他者だけではなく、自分の言葉も信じられなくなってきた。「明日10時に学校の食堂で集合!」だと何度も友人に確認したはずなのに、翌朝10時、私はまだ家にいる。大学までどれどけ急いでも50分はかかる家に居る。そんな私が集合時間に間に合う確率はどれくらいだろうか。あまり高いとは言えない。「10時集合」を強調してた昨日の自分のうそつき!!めっ!めっ!(>_<) なにそれかわいい笑

 

めっ!(>_<)

 

なにこれかわいい…のだが、では何故私はこんな懐疑的な人間になってしまったのだろうか。学校で習ったことによると、青年期の自己形成には幼い頃の記憶や体験が深く関わっているらしい。しかし、本当にそうなのだろうか。

 

あーでも、これも疑ってしまうと話が進まないので、これは真実であるということにしておく。ここだけは懐疑的なキャラのことを忘れてほしい。キャラなんて言ってない。

 

さて、青年期の自己形成には幼い頃の記憶や体験が深く関わっているということは自明であるが、私は懐疑的な性格になってしまうような体験を特にしていないはずだ。極めて一般的な子供時代だったと記憶している。おむつをしてるからもしもの事があっても大丈夫だよって言われたのに全然大丈夫ではない事態に陥り、えげつなく怒られたり、寝る前に絵本やウィキリークスの読み聞かせをしてもらったり…

普通にそんな感じだった、普通に。

 

 

あ、幼少期の体験ではないが、懐疑的になるきっかけとして思い当たる節がひとつだけある。

一度外国人観光客に道を尋ねられ、目的地と真逆の方向を指差してしまったことがある。その人は笑顔でお礼を言ってくれたが、南米とかを経由するルートでない限り、一生の目的地にたどり着くことはない。どこかのタイミングで私の案内が虚偽だったということに気づいただろう。

 

書きながら気づいたが、これは私ではなくその観光客が懐疑的になってしまうエピソードだった。間違えた。

 

いや、しかし、性格はうつると言われる。その観光客に芽生えた懐疑の精神が一瞬のうちに私に飛び火したのかもしれない。

 

いや、そもそも性格は本当にうつるのか?そこから疑っていく必要があるだろう。

 

いや、そんな必要があるのか?人は、他の人と関わって生きていく生き物だ。周りの人の性格や考え方に影響されることは当然のことでないか。

 

というか、本当に人は他の人との関わり合いのなかで生きていくべきなのだろうか?

 

 

 

もはや全て疑わずにはいられない。

 

しかし、そんな私でも、ひとつだけ本当のことを知っている。あ、「青年期の自己形成がなんたらかんたら」を失念していた。ふたつだけ本当のことを知っている。

 

青年期の自己形成に幼少期の体験が影響することと、108の煩悩フルコンボだドン!に人類で最も近いのは瀬戸内寂聴だということだ。

 

 

それと、今とてもお腹が空いていること。 これは紛れもない事実だ。

 

 

さぁーてと、チキンクリスプでも買って帰るか。(日常描写で締めくくる)(プロのラストセンテンス)

 

 

 

 

掃き溜め 弐

どうでもいい話は「掃き溜め」に書きます。

 

まるで普段の記事がどうでもよくないかのような表現になってしまいました

続きを読む

【初公開】衝撃の事実、皆さんもお尻置き…あっ…お知り置きください

今週のお題「体調管理」

 

これはとても大切な事実であり、全員が知っておくべきだと思うので、ネットという公共の場で広く宣伝させていただきたい。私のお尻はかなりぷりぷりである。

続きを読む

鮭の骨について考えるだけで興奮を覚えるようになった2017年

 

12月31日。2017年もあと少しで終わる。

  

せっかくなので今年を振り返ってみたが、思い出せることの多くは「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」についてである。

続きを読む

写真を提供しがちなアフロは、一体どのアフロなのだろうか

 

家に帰り、無意識にテレビをつけると、今日も今日とてアフロが写真を提供していた。

続きを読む

佐々木琴子とかいう絶世の美女を前にした人類はひれ伏すしかないのか

 

数年前からAKB48やら乃木坂46マッチョ29やらが世間を賑わせているようだが、正直自分には関係のない話だと思っていた。

 

f:id:spacemancampuslife:20171219132105j:plain

画像: AKBの前身と呼ばれるアイドル集団、マッチョ29。

 

 

しかし、それは佐々木琴子と出会う以前の話である。

続きを読む

2017年も残りわずかだが、今年中に3週間の火星旅行を実現させたくて悩みまくってる話

今週のお題「今年中にやっておきたいこと」

2017年も残り2週間ちょっととなってしまった。振り返れば、今年は嬉しいことが沢山あった1年だった。

続きを読む

鬼凄まじい滑舌を持つ私のもとに生まれた言葉は果たして伝達手段として機能し得るのか

〜焼肉屋にて〜
彼女いない歴=年齢の友人が言った
「バイト初出勤でいきなり直近の彼女ついて聞かれたんやけどw」

続きを読む

「辛」という漢字に「一」を足すと「幸せ」になるので人生が素晴らしいことに間違いはないなと思いました

幸せとは何なのだろうか。
辛いことがなければ幸せなのだろうか。
いや、辛いことがない人なんていない。
世の中辛いことだらけだ。
辛いことを取り除こうとするのではなく
そこに"何か一つ"を足せばいいのだ。
辛いことの一歩先に進もう。
そこに幸せがある。

続きを読む

シオ(3歳)「三にして心の欲する所に従って矩を踰えず」

どうもシオです。


わたしは生まれてこの方一度たりとも悪口を言ったことがないので、悪口を言うつもりはないが、日が沈んだ後の京大の学祭は鼻くそである。煩悩に溢れかえった鼻くそである。
3歳にして自分の心のままに行動しても人道を踏み外す事が無くなった私からすれば、ガチウェイの行動は理解に苦しむ。

続きを読む

【邦楽編】Mr.Childrenが大好きなあなたにオススメしたいバンド 5選

初めに~Mr.Childrenがすべてのきっかけ

現在大学生である私がミスチルにハマったのは中学生の頃。それまでは音楽に微塵たりとも興味がなかったが、ミスチルを初めて聴いたときの「僕が探していたアーティストはこれだ!!」と感動し、私の音楽人生がスタートした。

それ以来いくつか他のアーティストにもハマっているが、すべての原点にあるのはやはりミスチルである。だから、ここでは私がミスチルの後に好きになったアーティストを紹介していこうと思う。何かしらミスチルと共通点のあるアーティストばかりだと思う。

ミスチルが大好きなあなたに、「おっ!?」と思ってもらえるものが一つでもあれば幸いだ。

  

続きを読む

マクドで真のイケメンを垣間見た気がした

どうもシオです。

 

私はいまマクドで時間をつぶしている。すでに1時間つぶしており、あと2時間半つぶす予定なので、3メートルほど離れた席に彼女らしき人物と一緒に座っているイケメン高校生について書こうと思う。

続きを読む